本文へスキップ

子ども絵画教室 G-Child 
  〜21聖紀をになう子どもたちへ                          


方針


人が 命をもって生まれてきたという事は  
その人その人 それぞれの意味があって
命が誕生したと思います。

未来を担う子どもたち。
国や習慣 育つ環境の違い 性格 考え方 好み 
全てが千差万別です。
そして 
必ずその子に授かった 「キラリと光る個性」 をもっているのです。

子どもは 
清らかで 明るく 素直に 正しい方向に伸びようとし 
本来 元気であるはずが

眠い だるい 疲れた 面倒くさい などの言葉を
聞かれる事が よくあります。

児童・青少年の 「無力化」 「逃避傾向」です。
将来の可能性 希望 夢 目的意識 を持てず 
うつ病の低年化 発達障害 も進んでいます。

思う通りにならないとキレる 生活の乱れ 差別や多様性という言葉の変革 
これらは 
世界的な先進国の社会問題とまでなってしまいました。

物はあふれて 子どもたちは飽和状態になり 
毎日の生活は忙しく
忙しいの漢字は 心を亡ぼすと書きますが

何が本当に大切なのか 
大事なものは何なのか わからなくなってしまったのではないでしょうか。

大人たちが 
社会も 家庭も一丸となって 

子どもたちに
愛情をかけてあげて 
褒めてあげて 
自信を持たせてあげて
そして
大人も 元気で明るく 本当の大切なものの為に 
子どもたちと一緒に学んでいき
「無為にして化す」 という姿になれるよう日々精進努力をしたいと思っています。

子どもたちに 
元気を与えて その存在を生み その子に意思を持たせ 個性を詰めてあげる。
それが「気与生意詰」(教育)

その一つの方法としての絵画教室を目指しています。

本来 
子どもは才能をたくさん持っています。
その表現の一つの手段としての絵画。

喜びや 時には不安や悲しい事もあります。
のびのびと自由に その子が感じることを表現させてあげて
表現することで
自分に自信をつけていく。人心の荒廃の建て替えの手段です。

社会秩序 ルール 立て分ける という事は必要ですが 
型にはまることからの 開放で生きていく 

真の喜び。
生きていていい自信。
自分には 生まれ持った役割が有ること。

見た目 上辺だけ 流行りに キャッキャッと明るいのではなく
本当に明るい人は 礼儀正しい人です。
一本の芯がある ということ。立てわけのできる人。
内面の 見えない世界から 
にじみ出るような明るさの波動を醸し(かもし)出す人。

自分に与えられた個性を大切に
そして その個性に感謝して 
世の中のために役目を果たし 大きく発揮できるという事は 
素晴らしいことです。

絵を描くことで エネルギーが湧いてきます。
上手に描けたからいい絵ではありません。
感情 感性 魂の表現によって 素敵な絵になるのです。
絵は 魂や心の媒体です。
絵を描くことが 好きな子 そうでない子 どちらかというと苦手な子。
いろいろな子どもたちがいます。
しかし 
一所懸命やったものは将来 何かで役に立ち 無駄なものはありません。

与えられた 
「キラリと光る個性」 を引き出し 
「光輝く」 子どもたちのために

子どもたちが将来 日本の柱 国の大棟 になっていただきたく。
各ご家庭で 
日本 世界 地球が 
愛と真と和で満ちていく お手伝いが出来たらと思っております。 



目標

絵の技術を教えこもう 上手な絵を描かせよう という
技術指導は 目標だとは思っておりません。

「無」
という 表現にしても 子ども達が描いた絵はそれぞれ違います。

  

それぞれ 感性が違うのですから
良い 悪い。正しい 間違い は決めつけられません。

その子にあわせて 
今なら 喜んで入るな 成長するな それを望んでいるな 時期がきたかな と
感じた時に 今 技術的なことを伝えてみようと 指導しております。
よく観察し 一緒にいる ということです。

大切なのは その子が 
ご家庭で 環境で 前向きに光輝いていくことです。
上手な絵だけではなく 良い絵 を描かせること。
その子が 今しか描けない 
生き生きとした 色・線・形。
そこには その子だけの物語があるかもしれません。
良い絵には 感激 感動があるのです。

ですから 心も体も改善に向かって行きますし
そのような絵を描いた作品は
絵を観る側の人にも波動が伝わるので
何かの形で 入選するなどの出来事がよくおきてきます。

反対に 
心の傷を表現した絵
怖い絵
悲しい絵
怒りを吐き出す絵
力の出ない時の絵
ぐちゃぐちゃの絵。

しかし
全てが その時に必要あって描く絵です。
川に引っかかったものは いつか必ず流れていきますから。
時期が来たら変わっていきます。

一つの魂である その子を
受容し 褒め 励まし 想いを共有し その子の背景の環境も考え

人として成長していく 大切な心を育む過程なのである 
ということを大事にしていきます。
今  
何を改善すればいいのか。 
本人も関係者も 
何に気付き それぞれが 自分自身が どう変わればいいのか。
お互いが変われば 良い方向に向かいます。

基本は真・善・美です。
相手のために何ができるかです。
感謝 感激 感動を 
幼い頃から 表現し 言葉にできることが 運命を開いていくポイントになります。
その子の使命を発揮できるよう サポートをさせていただきます。



活動施設 

篠崎教室

江戸川区篠崎町7丁目23−1 
メゾングランドワールY・S 701号室 (駐車場スペース 1台有)

水曜日クラス   ★幼児要相談   
16:00〜17:00  7歳児〜12歳児クラス  毎週(祝日・5週目も有)
16:30〜17:30  7歳児〜12歳児クラス  毎週(祝日・5週目も有)
17:30〜18:30  7歳児〜12歳児クラス  毎週(祝日・5週目も有)


木曜日クラス   ★幼児要相談  
16:30〜17:30  7歳児〜12歳児クラス  毎週(祝日・5週目も有)
17:30〜18:30  7歳児〜12歳児クラス  毎週(祝日・5週目も有)


土曜日クラス   ★3歳児〜6歳児 定員3名 
16:30〜17:30  3歳児〜12歳児クラス  祝日・5週目も有
17:30〜18:30  7歳児〜12歳児クラス  祝日・5週目も有

土曜日クラスは 月の第1週目が お教室はお休みです。

瑞江教室

江戸川区東瑞江1丁目17−1 東部区民館内

6月
     3日(金) 17:30〜18:30
    10日(月) 17:30〜18:30
    17日(金) 17:30〜18:30
    24日(金) 17:30〜18:30

     日( ) 17:30〜18:30