本文へスキップ
子ども絵画教室 G-Child
                  
〜21聖紀をになう子どもたちへ

教育内容 

子どもへの関わり方 

感情 感性 心が熟していくのは
幼少期からの発達過程の中で とても重要です。
しかし 
現代社会で生きていく中で 
学力の結果のみ を求められたり 
便利さ 快楽さを求めて 物があふれる 今 
その成熟部分を
置き去りにされて大きくなってしまうことも 少なくありません。

忍耐力 我の必要以上の主張 
我慢を学習しないで成長していくと 
やがて
対立関係が前に立ち 
人との信頼関係を築くことが しづらくなります。
また 
自分の正直な気持ちを表現できずに 生きにくさを感じていくでしょう。

幼少期は人生の土台となる最も大切な時期です。
大人に成長するのには 
身体が大きくなるということではありません。

挨拶 返事 有難う ごめんなさい
善い言霊を使うことや 
すぐ相手に 気持ちを伝える練習をしておく。
もったいない お蔭様といった 道徳・徳育なども大事にしていきます。
心が ちょっとしたことで乱れない 強い精神力も大事です。

そして 子どもたちが描く絵は
心を開放するアイテムです。
善い方向へ 感情が磨かれるように 伸びていくように
成長の過程の ヒントが隠されています。

どんな絵を描いたとしても 今の心の状態を感じて 
褒め 励まし 受容してあげます。

ノリノリの時
落ち込んでいる時
描きたくない時
次のステップを模索している時。

大人も同じですが その日その時 体調 感情によって
心は コロコロ変わります。
理論 理屈ではありません。
その時の表情 言葉や行動を見ながら
スピリチュアル 心理的 秘めた霊的な見方も大切にしています。

絵の指導・表現の関わり方 


子どものパターン 傾向に合わせて よく話を聞きながら
感性を引き出します。

形 概念におさまったタイプの子は 
逆に
どう使ったの?どんな気持ちがしたの?音はどんな音?どんな香りがするの?
と 
感覚的なことをたずねます。

走り回ったり 運動的なタイプの子には 
落ち着かせて 話を聞きながら
それは どんな形をしているの?と 形を描かせることから始めます。

想像性 夢のような絵 物語的な絵を描く子は 
創造したストーリーの話を 完成させるかのように 
よく話を聞きながら伸ばしていきます。

その子だけの絵になるように。

絵は描く人のメッセージです。
その人の絵の中に 伝えたいこと 気持ち 心の状態。
また
絵の中には 答えがあり 導きがあり 救いのヒントが隠されています。
その子の声を聞き 訴えを探し 才能を伸ばしていきます。


アートセラピーとは 

秘めた心の中 潜在意識 魂レベルの
浄化作用のお手伝いです。

周りの起きてくる現象は 自分の持っている秘めた世界。
自分がまいた種しか 芽は出てきません。

ナスの種をまいてもキュウリは成りません。 

一切善くなるための変化として 
その過程を見守り 絵を通して見ていくスペシャリストが 
アートセラピストです。

人には人生の過程 プロセスがあります。
魂のレベルでは再生・転生 生まれ変わり死に変わりということがあるでしょう。
一枚の絵を通して 
内在する 挫折体験や 喪失体験など
過去・現在を読み解くこ
とで 
絵のメッセージからの 原因と結果の仕組みを理解し 解決していきます。

昨今の 子どもの
引きこもり や うつ病の問題 
不登校 虐待 自閉症などの 心のケアの 
低年齢化が叫ばれています。
心理的な 霊的な視点から 
子どものタイプや 性格傾向を理解し 接し 
話を聞きながら そして 決めつけず
その子の絵のメッセージや ヘルプサインを見つけ
 
どう受け入れて 対応していくのかが重要です。

親御さんや 家庭 学校など周囲の出来事も ポイントになります。

一枚の絵を大切に 
光の有る人生を歩んでいけるよう お手伝いさせていただきます。